FC2ブログ

Profile

撮れた?

  • Author:DAISUKE
  • LEGACY BG5 GT-Bの乗り回し履歴ですよ。
    走り屋じゃないんで普通に使います。
  • » 管理者ページ
    » RSS : RSS1.0

Monthly

Category

Search

スポンサー広告
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エンジン
2007/02/28 (Wed) 11:06:47
アーシング施工
さて納車してからずっとミーハーな改造ばかりをしてきたわけですけども、そろそろ10年経ってしまうご老体なLEGACYですから体調によい改造もしなくてはいけませんよね。おそらく俺の使い方は燃費が悪いのを見ても解るんですがクルマに優しい運転ではない模様なので・・・。

という事で安価で手軽なエンジンケアとしてアーシングをやってみようかと。アーシングによって体感できるほどエンジンの調子がよくなるわけではないって言われてるけど車全体に響く効果がゼロではないだろうし何せみんなやってるしね!!ww




20070228-12.jpg
早速、というかずいぶん前からやろうやろうって思ってたんだけど遂にYahooAuctionでゲットした「BG5用アーシングキット」です。

オークション見てるとアーシングっていっぱいあって結構悩んだんだけど決め手は「1.青いから」と「2.径が中途半端だから」という点です。俺の改造方針で追加パーツは青系統でまとめようというのがあったから赤いやつとか黄色いやつはハナから眼中にありませんでした。そして径は細すぎるとなんか効果在るのか心配だし太すぎるととり回しが大変そうだ知って事で中間(オークションで手に入る中で)の8spです。

昔はアーシングって高かったみたいだけど今はかなりお手軽価格ですね、2000円で買えました。自分でアーシングケーブル買ってきて作る手もあったんだけど既にBG5用に長さを切ってあって説明書付きでこの値段だと、同じ長さかって来るより安いってんだから不思議。




20070228-13.jpg
んでその例の付属の説明書なんですが予想どうりなんですけどまったく参考になりゃしねぇ・・・(⊃Д`゚)゚。 こんなアバウトな説明じゃまだまだクルマ初心者の俺には理解不能ですよ。

とはいえLEGACYサイトで散々見てきたので大体の箇所はわかるんですけどね。親切丁寧に教えてくれて、グリルの装着でも実は参考にさせていただいた「LEGACY'S ROOM」様のページを印刷してやりました。




20070228-09.jpg
まずは付属のターミナルをバッテリー近くに配置します。その前にバッテリーのマイナス端子ははずしてあります。万が一が怖いですから。一度リアスポの時にヒューズ飛ばしてますからね、ケアレスミスで。




20070228-08.jpg
最初は助手席側ライト裏のアースポイント。付属のアースの説明はまったく無視してやるので一番短いやつをここに接続。




20070228-06.jpg
次は運転席側のサスの付近のアースポイントに。アースは原理上やっぱ遠くから取ってきたほうがよさそうですので、エンジンルーム内で一番遠いポイントです。しかしここで誤算。

一番長いケーブルをここにつないだんだけど長さが超微妙。本当ならば助手席側前を通過してL字型にもって行きたかったんだけど足りないからやむなくエンジン中央を横切る形に。




20070228-05.jpg
そして反対側のサス上部のアーシングポイント。ここは余裕でした。




20070228-02.jpg
続いてエンジンカバーのボルトにエンジンカバーの裏手になるように付けます。エンジンカバーのボルトが以外にシビアで、裏にアーシングかませて締めるのが若干てこずりました。




20070228-03.jpg
運転席側のインマニの接続部分にも。ちなみに左上に伸びてるのが先ほど長さが足りないって言った「運転席側サス付近」へのアース線です。こんなとこ通して本当に大丈夫か・・・?




20070228-04.jpg
助手席側インマニ接続部分。結構いろんなケーブルがのたくってて、加熱部分に触れずに自然に配線するのが大変でした。タイラップたくさん使いました。

ちなみにインマニがなんだか解っておりませんw




20070228-07.jpg
んで本当は運転席側ライトの裏にも反対側同様にアーシングポイントがあるんですけど、すっげぇ奥で全然工具が入っていかないんですよ。はずしても取り返しがつきそうな部品は外したんですけど結局最後によくわからないケーブルがいっぱい刺さったパーツが邪魔して無理でした。

あれ外してたら取り返しが付かなくなるところだった気がする。

なのであまった"その部分"用のケーブルはエアダクトの内側のボディにつけときました。まぁボディにつけとけば無駄にはならないよね(o^ー')b と、思いたいw




20070228-10.jpg
という事で施工前はこんなだったエンジンが・・・



20070228-11.jpg
こんな風になりました。


・・・。

なんか配線方法にセンスを感じられないですね・・・orz


これでも一応加熱部分には触れないように浮かすところは浮かして締めるところは締めてで素人目には問題ない配線なんですけど他の人のエンジンみたいにスッキリきれいにスタイリッシュ!!って感じではないです。ナニがおかしかったのだろうか。





さて実際に走ってきましたが、若干レスポンスが上がったような気がします。プラシーボレベルな体感ですけど体感できてよかったです。アイドリングや加速など、全体的に安定感がわずかに底上げされた感じですかね。

自己満足ですし体感できないと思っていたのでこれはうれしかったです。実際、車体に何らかのゼロではない効果は出ているはずですしね。2000円という値段と1時間という作業時間を考えても妥当どころかお得チューンだった気がします。




LEGACY BG5 GT-B(後期型)H9年製
走行距離:77789km

内装装備:
・Panasonic製 Strada CN-HDS620D(HDDナビ)
・メーカー不明 ETC

外装装備:
・SUBARU純正フルエアロ
・SUBARU純正アルミ17インチ(夏用)
・メーカー不明アルミ16インチ(冬用)
・FUJITSUBO製 Legaris-R TypeEVO
・HippoSleek製 フロントグリル
・RFRB製 ハイマウント付きリアスポイラー

エンジン装備:
・アーシング
スポンサーサイト
Track Back : 0 » Comment : 0 » PageTop
OLD | HOME | NEW
Comment _ THANKS
この記事に対するコメント。
» PageTop
Comment _ WRITE
コメントを投稿する。














管理者にだけ表示を許可する

»

» PageTop
Track Back _ INTRO
トラックバックする。
この記事のトラックバックURL ⇒
http://oos3.blog11.fc2.com/tb.php/10-7cf98ff8
» PageTop
Track Back _ THANKS-TOO
この記事に対するトラックバック。
» PageTop
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。